hollyの音楽室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Iggy & The Stooges「Ready to Die」(2013)

オハイオ州に "ロックの殿堂" という博物館があるそうです。ロックに多大な影響や功績を残したバンドやミュージシャンの博物館だとか。う〜ん、なんだかなあという気持ちが半分、行ってみたいなあという気持ちが半分です。

img_391185_2801594_0.jpeg

まあそれだけロックも60年以上の歴史になっちゃったし、亡くなっちゃった人もたくさんいるのでそれはそれでアリなのかなという気もします。

1972mickrock.jpg

さてStoogesも2009年にギタリストのロン・アシュトンが亡くなり(自宅で心筋梗塞で孤独死していたというのが悲しい)翌年このロックの殿堂入りをしたそうです。イギー・ポップも今年でもはや66才、日本で言ったら前期高齢者で下手すりゃ介護保険だって使えちゃう年齢なのだ。前作『Preliminaires』(2009)もシャンソンとかジャズ・ボーカルみたいな感じで「え、これがイギー?」と思いつつも、こういうアルバムを作って自分のイメージをぶち壊すあたり流石イギー・ポップらしい年齢の重ね方とも思っていました。

iggy.jpg

しかしながらここに来て・・・
Stooges名義の新譜がリリースされるとは!!!

今日はIggy & The Stoogesの新譜からタイトル曲「Ready to Die」を紹介します。

0004365.jpg

スピード感と爆音度はやや抑えめながら音と歌声はまぎれもなくストゥージズです。 年老いても身体は肉体改造に近い鍛えっぷりでなんだかゾンビみたいになっちゃってるけど、やっぱりイギーはこうじゃなくちゃ。でもいくらなんでももう60代後半なんだからステージから客席にダイブとかはやめておいてほしい。・・・でも、やるんだろうなぁ。

Iggy-The-Stooges_DSC2091-256.jpg

でもオレは空に向かって銃を撃つ
だってオレは死ぬ覚悟ができてる


アルバム・ジャケットからして腹にダイナマイトを巻いてるからなあ。





holly の勝手に訳詞「死ぬ覚悟」

落ちてきてるぜ うまくいかない
年老いてるんだ 気に食わないぜ

でもオレは空に向かって銃を撃つ
だってオレは死ぬ準備ができてる

寂れた街で オレも落ち込む
渋いツラをするのも贅沢ってもんだ

でもオレは空に向かって銃を撃つ
だってオレは死ぬ準備ができてる

すっかり痩せこけちまった
オレがいるこの世界は不公平だ

でもオレは空に向かって銃を撃つ
だってオレは死ぬ準備ができてる

でもオレは空に向かって銃を撃つ
だってオレは死ぬ覚悟ができてるのだ



スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2013/05/05(日) 00:32:26|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Brian Eno「By This River」1977

What to increase? What to reduce?

何を増やすべきか?何を減らすべきか?

eno_montage_2010_s4.jpg

飛行機の中というのは案外ヒマなものです。読書でもと思って毎回文庫本を買うのですが、僕は本を読むのが非常に速いため、たいがい搭乗手続きを待つ間に読み終わってしまいます。機内で時間つぶしに困ったときにはいつも "自分にミドル・ネームをつけるとしたら何がよいだろう?" と考えています。フレッド・”ソニック"・スミスみたいなカッコいいヤツがほしいのですが、なかなか思いつきません。そういえば日本人でミドルネームって村上"ポンタ"秀一くらいしか思い浮かばないなぁ。

さて今日は僕の大好きなBrian Enoの『Before And After Science』から「By This River」を紹介します。

090910brian-eno01.jpg

中学生の頃、ロキシー・ミュージックが好きでそこからイーノを聴きはじめたのか、それともデビッド・ボウイがらみでブライアン・イーノを聴きはじめてそこからロキシーを聴くようになったのか。いまとなっては曖昧な記憶です。

プロデューサーとしても数々のロックの名盤を作る傍らで73年から現在に至るまでほぼブランクなくソロ作品(あるいは共作)を作り続けているその創作意欲には驚くばかり。アンビエントものや最近のエレクトロニカ作品も好きなのですが、やっぱり『Another Green World』(75年)と『Before And After Science』(77年)の二枚が特に大好きです。

eno.jpg

どちらも30年以上ずっと聴いてるのに未だにヘッドフォンでじっくり聴くと新たな発見があるという恐ろしいアルバム。『Before And After Science』のB面は夜中に一杯飲んで一人でゆっくり聴きたいです。




holly の勝手に訳詞「河のほとりで」

ぼくたちはここにいる
この河を渡れないでいるんだ
きみとぼく
かつて落ちてきたこの空の下で
そう、かつて落ちてきたこの空の下で

一日中
海辺にでもいるかのように
ぼくらはここで待っている
でもなぜぼくらがここに来たのかはいつも思い出せない
なぜぼくらはここに来たんだろう

きみはぼくに話しかける
まるですごく遠くにいるみたいに
そしてぼくは答えるんだ
まったく違う時間にかすめとられでもしたみたいに
まったく違う時間に・・・




db77.jpg

追記:イーノの本名はBrian "Peter George St. Jean le Baptiste de la Salle" Eno です。




テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2013/04/29(月) 23:05:56|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Frank Zappa「G-Spot Tornado」1993

今日はFrank Zappa の遺作となったアルバム『The Yellow Shark』(93年)から「G-Spot Tornado」を紹介します。

The_Yellow_Shark.jpg

もともと、この曲は1987年の『Jazz from Hell(地獄のジャズ)』に収録された曲。このアルバムはシンクラヴィアというサンプラー+FMシンセ+シーケンサー+HDレコーダーを一体化した現在のDAWのはしりともいうべき巨大システムを手に入れたザッパが「どうせ打ち込みでやるなら人間には演奏できない音楽をやらなきゃ面白くない」と3拍7連とかキチガイじみた変態符割を多用して作曲したものです。

Synclavier.jpg

1992年にはドイツのアンサンブル・モデルンという現代音楽の解釈を専門とする超絶技巧室内合奏団との共演で、なんとこの地獄の難曲「G-Spot Tornado」を生演奏しています。このときのライブ盤『The Yellow Shark』がザッパの遺作となりました。ザッパは本当はアンサンブル・モデルンとの共演は全曲指揮したかったのですが、このときすでにザッパは癌が進行しており数曲のみしか指揮できなかったのです。

vlcsnap-2010-07-12-04h09m52s107.png

ザッパは翌年に亡くなってしまうのですが、ここでタクトを振るザッパの姿は末期ガン患者にはとても見えません。演奏者をコントロールするその勇姿は全盛期とまったく変わっていないし、たぶんその瞬間は全身の痛みも忘れて音楽に没頭していたのでしょう。会場のスタンディング・オベーションの中で見せるザッパの笑顔は素晴らしい。

そしてこの映像の冒頭部分、舞台袖での歓声をききながら座り込むザッパの表情をみると涙が出てきます。66年のデビューから93年の死まで50枚以上のアルバム(半数以上が2枚組)をリリースし、自宅をスタジオにして移動中も作曲を続け、一日24時間睡眠以外はほぼ99%を制作にあてていた作曲者フランク・ザッパはここで自分の死を自覚し、これが最後のライブになることも十二分に自覚していたのだと思います。

111204_zappa.jpeg

もっともっと生きてもっと曲を書きたかった、でもそれはもうムリだと自分自身でわかっていたのでしょう。日々、生きているといろんな辛いことや頭にくることがあるけれど、少なくとも明日も(たぶん)生きていれることに感謝しなきゃなと思います。

ありがとう、ザッパ。



テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2012/02/17(金) 23:42:42|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

Ed Sheeran『The A Team』2012

僕はモーニング娘。も Perfume も大好きです。売れてるものには何かがあると思ってます。しかしどうしてもAKB48 だけは好きになれないのです。今日はイギリスの新人シンガー・ソング・ライター、エド・シーラン(現在20才)の 1st アルバム『+(Plus)』から「チームA」を紹介します。

+.jpg

モーニング娘。も Perfume もそれぞれにプロデューサーのつんくと中田ヤスタカが音楽的に真剣に取り組んでいるアプローチはすごく理解できるし、その結果の音は売れることが十分に理解できるのです。山下達郎の言葉に「ポップ・ミュージックというものは理由なく売れたりしない」というのがあって、この言葉が僕はとても好きです。後期こそ、なんだかなあという感じになってしまったものの初期のモーニング娘。のコーラス・ワークは非常に高度で、曲によってはレコーディングでは歌えてもテレビとかライブでは再現しきれていない曲もあったりしたけど、それはそれでよいのだ。Perfume の「完全に声は素材以外の何者でもなく加工するのが前提」というアプローチも新鮮で納得です。ライブが口パクで何が悪い、そういう音楽なのだ。

img_736618_55973326_0.jpg

AKB48 については "なぜあれだけの人数が必要なのか” が理解できません。いや、アイドル・グループとしての大人数の狙いはわかってるつもりです。しかし、音楽的にはAKB48は基本的に歌はユニゾンではないか。ビートルズの時代からダブル・トラッキングといって歌を重ねて厚みを出したりというのは常套手段だけどあんなに人数はいらないと思う。モーニング娘。でもつんくはユニゾンとハモリを実に上手に使いこなしていたけども、誰と誰の声を重ねればこういうテクスチャーになるから「歌詞のこの部分には安倍と矢口で」というあたりを音楽として真剣に考えていたと思うのです。いくらなんでもAKB48の大人数ユニゾン(一人や二人歌ヘタでもあれだけ大人数ユニゾンだとごまかせる)は乱暴かつ安易すぎます。

164859978_640.jpg

何よりイヤなのが「握手券ほしさに同じCDを何枚も買う」とか「ジャケット違いで同じCDを何枚も買う」しまいには「応募券を売るためにCDを何枚も買う」ヤツまで出てくるのはどうなんだ。そういう意味では AKB48は本当に売れていると言えるのか? マーケティングとして秋元康の戦略は素晴らしいとは思う。しかし、僕は声を大にして言いたい。

音楽を商売の道具として見ているヤツは嫌いだ

もちろん消費されるポップ・ミュージックである以上は商売の面を考えるのは当然のことだと思います。しかし表現したい音楽があってそれを売るためにどういう戦略でいくかを考えるのと、売るためのアイディアが先行しているのでは全然違うのだ。ドラマとかバラエティーとかで観てる分には全然かまわないし、大島優子とか柏木由紀とか可愛いなと思うのだけど音楽としては嫌いです。メロディーがキャッチーなのは認めるけど、CDを買う気にはなりません。

Ed-Sheeran-+1-600x300.jpg

前フリが長くなってしまったけど、本題のエド・シーラン、非常に良いです。新人とは思えないリリカルかつタフなメロディーが素晴らしい。十代中盤からライヴに明け暮れ、自宅アパートを引き払ってしまい現在住所不定、というのも笑える、かつ音楽への真摯な姿勢がうかがえます。2012年のスターの予感。冗談抜きで2012年のポップ・ミュージックはこういう方向に進んでいくのかもしれない・・・とすら思わせる快作です。



holly の勝手に訳詞「チームA」

君の唇は白く 血の気のない顔で
雪のなかで呼吸してる
胸が焼け焦げ ひどい気分だろ
光が消え 一日が終わる
家賃の支払いにも困った君は
長い夜を 見知らぬ男と過ごす

みんなが言う
彼女はチームAクラスなんだと
白昼夢にとらわれて
18才から身体を売ってるんだ でも最近
彼女の表情はだんだんと沈み やつれていってる
パイ生地みたいにボロボロなんだ
みんな口をそろえて言う
人生で最悪な出来事こそ僕らに自由をもたらすのだと

なぜって僕らは快楽に支配されてるから
ほんの数グラムのために怒り狂う
今夜 彼女は出かけたくはない
吸引して快楽へ飛び立つか
知らない男に愛を売るか
天使が飛ぶには外は寒すぎる
天使が飛ぶには

ほころんだ手袋とレインコート
泳ごうとしても 浮かんだままだ
乾ききった家と 濡れた服
変化を失い 紙幣だけが残る
君の瞳は輝きを失い 喉が乾く
君に電話をすることはもうない

天使はいずれ死ぬ
白い雪に包まれ
目を閉じて
まともな生活を夢みるけど
今夜 死んでしまうだろう
まっすぐに堕ちていくんだ

 



 

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/28(土) 23:56:00|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

山下達郎「KISSからはじまるミステリー」2005

今までの方が良かったなんて言うのならずーっとその好きな曲を聴き続ければいい。でも人間は変わらないといけない。
by 山下達郎

僕は山下達郎のことは特に大ファンというわけでもないのですが、その求道的でポップ職人的な姿勢と才能には尊敬の念を持っていて、ワーナー移籍後は欠かさず新譜を買っています。今日は2005年にリリースされた『SONORITE』から超問題作「KISSからはじまるミステリー」を紹介します。

c0098020_8423628.jpg

このアルバムは(間にベスト盤やアカペラ・カバー盤を数枚リリースしていたものの)オリジナル・アルバムとしては98年の『Cozy』以来の実に7年ぶりのリリースでした。しかしながら、間が空きすぎていたこともあり、どうもシングルの寄せ集め的な色合いが強く、リリース後の評価も「達郎ももう終わりだ」「一度聴いただけでもう聴く気がしなくなった」「はっきりいって駄作」「昔の達郎の方がよかった」などとあちこちで悪評が渦巻いていたのを思い出します。

00003668.jpg

僕も発売当初なかなか手を出せずにいたのですが、あるところで山下達郎の「今までの方が良かったなんて言うのならずーっとその好きな曲を聴き続ければいい。でも人間は変わらないといけない。」という発言を目にしてすぐにCDショップに買いに行きました。

当時、聴いてみて、昔からのファンの反発も山下達郎の考えも理解できたような気がしました。確かに昔の山下達郎の音と比べると変わってしまっていました。ただ山下達郎ほどの才能であれば、昔のファンが喜ぶような音を延々と作り続けることもできるだろうし、それなりに確実な枚数売れ続けるでしょう。ただ、期待される音をマンネリで作り続けることをよしとせず、変わってきた作風を全部正面から受け止めて『現在の山下達郎の音を作るんだ』という強い意志を感じる音でした。

main_20110819113559.jpg

そんな中で新鮮だったのが数少ない新曲のひとつだった「KISSからはじまるミステリー」でした。正確には新曲ではなく、97年にKinki Kids(僕はだんぜん剛の方が好き)に提供した曲のセルフカバーでした。ケツメイシのRYO氏を招いてなんとラップで攻めて来たのです。最初は「いまさら山下達郎のラップもなあ」と苦笑しながら聴いていたのですが、何度も聴いているうちに「あ、これはすごい真剣に計算して作ってる」と気づいてしまいました。早速、Kinki Kidsバージョンと聴き比べてみると、歌詞も大幅書き換えで作り直して全然別の次元の曲に仕上がっていたのです。

img_1145274_34695100_2.jpeg

52歳(当時)にして過去を捨てて新たな音の地平に向かう山下達郎の姿勢は本当にカッコいいと感じたのを思い出します。このままのペースでは次の新譜は還暦こえちゃうのではないかと危惧したのですが、幸いにしてこの次のアルバム『Joy』は昨年2011年にリリースされました。

でも山下達郎の風貌を見るたびに「この人は永遠に死なないのかもしれない」という気がしてなりません。




hollyの勝手に聴き取り歌詞「KISSからはじまるミステリー」

恋はミステリー 人は胸に
悲しい謎をかくして生きている
恋はミステリー 誰かぼくの
胸のナイフを静かに抜いてくれ

また彷徨う 君との距離測る
寄せては返す 波より速く
動き続ける 心くすねる 僕ならばきっと君を包める
なんてめでたい思いでいたこと 昨日までの君は今どこ?
思いはゆれる 隙間を埋めるため ひたすらいたずら君に触れる
舞い散る花びら掴むように あやふや不確かに結わく恋
ただ欲しい恋しい 何気ない時にも感じるから心奪い取りに
見えない行く手にミステリー 感じる握り締め引く手に
離した僕の手はどこにしまう? 気づけば君が離れてしまう


不器用な天使 キスしたあと
突然つれないポーズだね
ぼくは夢遊病 さまよう難破船だよ

恋はミステリー 人は胸に
悲しい謎をかくして生きている
恋はミステリー 誰かぼくの
胸のナイフを静かに抜いてくれ

恋はミステリー できるいつ手に?
本当の君だけを見つけに
覗く 心届くには遠く 望む程にその恋はもろく
また揺れだす気時ちが騒ぎ出し 君の心の底触りたい
他に何も要りはしない この悩みすら君には意味無いかい?


残酷な遊戯 女の子の
心は魔女の振り子さ
Noと振り向いた巻き毛が誘って踊る

恋はミステリー 一晩中
せっぱ詰まった空気のサスペンス
恋はミステリー 悲劇でいい
自分に嘘をついたりしたくない

君が欲しい
君が欲しい
他には何にもいらないよ

君が欲しい
君が欲しい
失うものなど何も無い

夜更けの舗道を渡りながら
も一度キスをしようよ
世界中敵にまわして愛してもいい
SO, PLEASE!

恋はミステリー 心覗く
望遠鏡があったらいいのにね
恋はミステリー 髪を少し
切りすぎたのは揺れてる証拠だね

恋はミステリー 夏の風は
心騒ぎを奏でるクレッシェンド
恋はミステリー 車に乗る
君の背中を密かに尾行した

君が欲しい
君が欲しい
この手に時代を抱きしめて

君が欲しい
君が欲しい
他には何にもいらないよ

君が欲しい
君が欲しい
失うものなど何も無い

君が欲しい
君が欲しい
恋はミステリー できるいつ手に?
本当の君だけを見つけに


君が欲しい
君が欲しい
恋はミステリー できるいつ手に?
本当の君だけを見つけに








テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/04(水) 23:48:21|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。