hollyの音楽室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Patti Smith「Frederic」1979

人間が他人を愛するということは
たぶん最も困難な我々自身の課題である
実験や予習を繰り返そうとも
ひとりの人を愛してしまうことの前には
それらの準備は全く無効である


(リルケの詩の引用。『Wave』アナログ盤のインナースリーブより)

僕は高校時代はパティ・スミスが大好きで『Easter』(78年)と『Wave』(79年)をすみからすみまで聴きまくっていました。今日はPatti Smith Groupとしては最後の作品でもある『Wave』から僕がロックで最強のラブ・ソング(いやむしろラブ・レター)と思っている曲「Frederic」を紹介します。

Patti Smith - Wave 79

75年の『Horses』でデビューしてから約5年間の活動を経てパティ・スミスは79年の『Wave』を最後にいったん引退してしまいます。引退前のパティ・スミスはもはやロックン・ロール・スターでいることに疲れはて、ボロボロでろくに歌えない状態だったといいます。このときパティ・スミスはある男性を本気で愛していて、もうロック・スターでいるよりも大切なこと、彼と結婚し子供を育てることに心を注いでいたのです。

Patti+Smith+1.jpg

その男性の名前はMC5のギタリストだったフレッド・"ソニック"・スミスです。この「Frederic」はフレッド・スミスへの想いをストレートに歌った名曲。このアルバムをリリースしたあと、パティはフレッドと結婚し子育てに専念し、ロック・シーンから約10年間姿を消します。

f0110439_1509500.jpg

そして2児の母となり88年に夫フレッド・スミスのプロデュースの『Dream of Life』で復活。母としての強さと優しさがにじみ出た素晴らしいアルバムでした。しかしその翌年、親友のカメラマンのロバート・メイプル・ソープ(ニューヨークに出て来た当初、同棲していたこともあったがロバートはゲイだったため恋愛関係は無し)がエイズで死去、その3ヶ月後には弟が病死、91年にはパティ・スミス・グループのキーボーディスト、リチャード・ソウルが亡くなります。そして94年には夫であるフレッド・スミスが心臓麻痺で死亡。復帰第二作の『Gone Again』(96年)まで8年の時が流れます。

Patti+Smith+Argels+2010.jpg

その後はコンスタントにアルバムをリリース、現在もライブを続けており、この「Frederic」も必ずライブでは演奏されています。60歳を越えた今でもこの曲を歌うときのパティは本当に幸せそうです。表現者としてのスタート地点から自分が女性であることを常に忌み嫌い恨み続けてきたパティですが、恋がここまで人を変えさせるのかと驚くほどの変貌をみせたこの作品。世界が明日終わるとしたら最期はこの曲を聴きたいなあ。




hollyの勝手に訳詞「Frederic」

おはよう そろそろ起きて
今日も生きていることができた
炎に燃えるパワーのすべてが
あなたの名前に光を放つ

フレデリック あなたのことばかり考えてしまう
あなたはどこかの部屋でぐっすり眠ってる
ベッドに並んだ守護天使が
私のねぼけた頭に光をはじく

私は歌いたくてたまらなくなる
ダンサーたちがはめをはずすとき
あなたがハローと言っただけで乾杯したくなる
私の心を突き動かして 準備はいい? 行くわよ

ハイハイ ヘイヘイ
私はいつか戻ってくるけど
でも今夜は愛の世界に飛び上がる

いま私は眠るところ
神様にまだ生きていたいと祈る
キスをするたびに 呼吸するたびに
死んじゃいそうになるから

夜は私たちにとって奇跡のよう
私たちの行く先をしっかりと決めて
歓喜のあとに二人の心が出会い
私の心臓はあなたと共に鼓動する

フレデリック あなたは特別な人
私たちは朝から晩まで旅をするから
ずっと待ち続けた夢の中を
今夜も果てしなく飛んでいくわ

さよなら ヘイヘイ
私たちはいつか戻ってくるけど
でも今夜は愛の世界に飛び上がる

フレデリック あなたのことばかり考えてしまう
晴れた空の上空高く
私が求めて続けてきた全ては
あなたを愛することだったの

さよなら ヘイヘイ
私たちはいつか戻ってくるけど
でも今夜は愛の世界に飛び上がる

~フレッド・ソニック・スミスに捧ぐ~


todd-rundgren.jpg

『Wave』はトッド・ラングレン(彼のあだ名 "Runt" はパティ・スミスが名付けたもの)のプロデュースによる作品。クレジットを見なくても一発でトッド・ラングレンの音作りとわかる仕上がりです。トッド・ラングレンは自分の曲でもプロデューサーとしても「当たればデカイが捨て曲も多い」人なのですが、この作品は文句なしの大ホームラン。名盤です。



スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2010/09/21(火) 23:55:00|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。