hollyの音楽室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Who「Fiddle About」1969

志村けんの「へんなおじさん」を見るたびに、故キース・ムーンを思い出してしまうのは僕だけだろうか。

hennaojisan.jpg

『Tommy』特集、12曲目は「Fiddle About」

Tommy.jpg

【ストーリー】トミーの親戚には変質者が多いのか?サディスティックないとこのケヴィンに続き、今度はトミーの両親は留守番を変態アーニーおじさんに頼む。留守中にアル中でホモで小児性愛者のド変態アーニーおじさんはトミーが何もしゃべらないことをいいことに性的虐待を加えていく。

KEITH-MOON.jpg

映画『トミー』では The Who のドラマー、キース・ムーンが見事に変態おじさんを演じきっています。キース・ムーンは四六時中酔っぱらっているかラリっていたことから、その奇人ぶりは有名。ステージ上で暴れるのは朝飯前、動物用麻酔銃の麻酔と酒を混ぜって飲んでぶっ倒れたり、ホテルの窓からテレビを投げたり、ホテルの正面玄関のガラスを突き破って車ごとチェックインしたりと武勇伝は数知れず。実際のキースはホモセクシャルやペドフィリアには興味はなかったものの女装が趣味で数多くの写真が残っています。キースが参加するパーティーは必ずむちゃくちゃに破壊され、最後には本人は必ず全裸になったとか。ミック・ジャガーはパーティーに参加するときにはキース・ムーンを探し、彼の姿を見かけた瞬間逃げ帰ったそうです。そんな彼にとってアーニー伯父さんの役はまさに適役。

large_73-TheWho.jpg

この「Fiddle About」はジョン・エントウィッスルによる作品。4拍子2小節+3拍子3小節という変則構成がカッコいい。キース・ムーンはそこを承知で叩いており、3拍子セクションでは1拍目にクラッシュ・シンバルを入れているものの何だか後半でタムを叩きまくっているうちにその辺がテキトーになっていくのがまたカッコイイ。





holly の勝手に訳詞「へんなおじさん」

(アーニー伯父さん)

変態アーニー伯父さんだよ~ん
おまえが目も見えず耳も聞こえないのがありがたいのさ
こうしていじくりまわすのさ
いじくりまわす
いじりまくってやる

おまえの母さんにここでおまえの面倒を見るようにと
まかされたのさ
さてと好きなようにやらせてもらおうかな
いじくりまわす
いじくりまわす
おまえをいじりまくってやる

寝間着の下をおろしてごらん
寝間着の上を上げてごらん
いじくりまわす
いじくりまわす
いじくりまわす
いじくりまわす
いじくりまわす
いじくりまわしてやる

いくらいじくりまわしてもお前は叫ばないもんな
いじくりまわす
いじくりまわす
いじくりまわしてやる
いじくりまわす
いじくりまわす
いじくりまわしてやる
いじくりまわす
いじくりまわす
いじくりまわしてやる
いじくりまわす
いじくりまわす
いじくりまわしてやる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくる
いじくっちゃってるぅ












スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2011/04/20(水) 19:00:00|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。