hollyの音楽室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The Smiths「Meat Is Murder」1985

今日は肉の日です。2月をのぞいて(閏年は別だが)毎月29日は肉の日なのだ。

img_132121_51181653_1.jpeg

もうすっかり焼肉店にも行かなくなりました。年に1~2回くらい行ってもモリモリ食べるというよりは美味い肉をちょっとだけ食べてあとはナムルでビールを飲んでいたい。それでも僕は毎月29日の肉の日を大切にしていて、食べないとしても肉のことを考えたりしています。

さて今日は The Smiths のセカンド・アルバム『Meat Is Murder』(85年)からタイトル曲「肉食うな」を紹介します。

the-smiths-meat-is-murder.jpg

ヴォーカルのモリッシーはベジタリアンであるという説もあれば、来日時にマクドナルドでハンバーガーを食いまくっていたという説もありますが、この曲が言いたいことは「肉を食うな」という主張でベジタリアン讃歌だという捉え方には僕は反対です。モリッシーが肉を食うか食わないかは関係ないのだ。

最近ではこの曲は 当たり前のことを当たり前と思うことの危険性 を「肉」という題材で歌っていたのではないかと考えたりもします。

The+Smiths.jpg

80年代当時はそれほどピンと来なかったし、いま聴いてもジョニー・マーのギターはカッコいいと思うもののモリッシーの声はなんだか違和感を感じてしまうし、決して大好きなアルバムというわけでもないのですが、年に何回は聴いてしまうんだよなあ。




holly の勝手に訳詞「肉食うな」

人の叫び声のような雌牛の鳴き声
雌牛にナイフが迫ってくる
美しい動物にが迫る
美しい動物にが迫る
意味のない
そんないわれのない殺戮

そしてあなたは何も考えずに牛肉を揚げる
そんなもの美味くもなんともない
そんな意味のない
食肉は殺戮

あなたは微笑みながら子牛の肉を切り刻む
それは殺人
祝祭だからと七面鳥を切り刻むあなたは
殺人者
どんなふうに動物が屠殺されるか知ってるのか?

キッチンの匂いはとても家庭的とは言えないな
そんなところに安らぎはないし楽しくも優しくもない
そこにあるのは焼けた血殺戮の死臭だけなのだ

異常だし普通なことではないんだよ
あなたが平気で殺された動物の肉を調理するのは
口の中の肉の
殺戮の味はどうだい?

違う それは違う 殺戮
誰が何と言おうと殺戮なのだ
動物の命はどうでもいいのか?







スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2011/08/29(月) 21:59:09|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。