hollyの音楽室

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Asobi Seksu「New Years」2006

あけましておめでとうございます。今年も『hollyの音楽室~ロック名曲ぶったぎり』をよろしくお願いします。

新年ソングと言えばやはり U2の「New Years Day」ですが、去年の正月に紹介してしまったので今日はAsobi Seksu の2006年のアルバム『Citrus』から「New Years」を紹介します。

folder.jpg

こんなバンド名じゃ、おじいちゃんおばあちゃんに失礼だって、
お母さんに怒られました
by YUKI CHIKUDATE

yuki_chikudate_asobi_seksu_by_xpenjahatfashionx-d33nfbs.jpg

Asobi Seksu はYUKIとジェームス・ハンナによる二人組ユニット。ニューヨークを拠点に活動していますが、YUKI は日本生まれの日本人。しかしながら2才まで日本で暮らした後に家族と共にアメリカに移住して以降 LA → NYで育ったという"ほぼアメリカ人"なのです。歌詞に関しては大半が英語でところどころに日本語が入るのが不思議な感じ。

Filter_Magazine_Asobi Seksu

2人ともマンハッタン音楽院出身のクラシック畑の人なのですが、出てくる音はマイ・ブラッディ・ヴァレンタインを彷彿させる轟音サウンドというのが面白い。マイブラはどちらかというとポップなメロディーをギターの轟音のテクスチャーでぶっつぶしていく方法論だったと思うのですが、Asobi Seksu のポップさと轟音を50:50ぐらいで綱渡りするようなバランス感覚が非常に新鮮です。

さて今日紹介する「New Years」は Asobi Seksu には珍しく、ほぼ日本語歌詞。3~4才からアメリカで生活している彼女の頭の中はおそらく普段の思考は英語だと思うのです。だから日本人が英語の歌詞を作るような何だかネイティブとは違う感じがまた新鮮に感じます。

asobi-seksu.jpg

それにしても好きな声です。この手の轟音サウンド・テクスチャーにのっかると本当にぴったり嵌ってます。2011年の新譜『Fluorescence』では轟音ギターがやや抑えられて、なんだかビョークっぽいサウンドになっていてそれはそれでカッコいいのですが、やっぱり轟音ギターのサウンドの壁に醒めきった歌がのっかってるこの感じが好きです。海外での評価も高いこのバンド、ぜひ機会があったらみなさんも聴いてみてください。




holly の勝手に聞き取り歌詞「新年」

小さいときのこと
思い出してごらん
その目をそっと開け
懐かしい二人が見えてた

Candy says

小さい思い出も
忘れないでいてくれた
心のおくから
作り出した昨日のメモリー

Candy says

切ないと叫んだ でも
あなたは消えていく
だけど かけていく
いつまでも
思い出の後を

Candy says





 
 
 

テーマ:ロック - ジャンル:音楽

  1. 2012/01/01(日) 23:55:27|
  2. ロック名曲ぶったぎり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Al Kooper「Jolie」1973 | ホーム | Led Zeppelin「Ocean」1973>>

コメント

こちらも・・・

Asobi Seksu・・・例によって全く知りませんでした。

ブイブイぶっ飛ばす疾走感のあるサウンドに透明感一杯のVO!!
非常に好きな組合せで気持の良いサウンドですね~

確かに妙な日本語がイイ効果を生み出していると思います。
聞いたことある様で聞いた事のない微妙な感じが素晴らしい!!
編成やステージングも同様で何とも気になる存在ですね。では、では。
  1. 2012/01/30(月) 12:06:47 |
  2. URL |
  3. code name T #obWbQ39E
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hollippertronics.blog24.fc2.com/tb.php/193-4aa739b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。